30代後半子育て専業主婦の無理のない貯金のコツ(方法)『できない?出来るときにする!』

30代専業主婦の貯金のコツとは

『子育て主婦の無理のない貯金のコツ(方法)について』に考えて実践してみた。

ということでそんなことをつらつらと書いてみます。

営業職の夫の毎月変動する給料は曲者・・・

私は現在30代後半の専業主婦です。
そして主人と2歳半の息子の3人家族という構成となります。

ある程度一般的かな?と思っています。

子供が産まれる前までは夫婦共働きをしていましたが、子供が産まれた事をきっかけに仕事を辞めました。

その後、子供が1歳半になった時に月5万程の収入のパートを始めましたが、現在はそのパートも辞めてしまったので、完全に主人の収入だけでやっていかなければなりません。

主人は営業職ですが、売上実績により給料が変動するので5万から10万給料が違う月もあります。

そんな中住宅ローンも抱え、教育資金も貯めなくてはいけませんし、日々頭を悩ませています。

無理のない貯金方法

夫婦共働きの頃は、私もフルパートで働いており毎月決まった金額の貯金が出来ていましたので、得に節約を意識しなくても何とかやって来れていました。

しかし、仕事を辞めてからは毎月変動する主人の給料の中で、

  • 生活費
  • 住宅ローン返済
  • 将来の為の貯金

などをやりくりするのはやっぱり大変です。

そこで、私はおおまかではありますが、

  • 食費
  • 主人のこずかい
  • 雑費

などを毎月決まった額出金し、お給料の手取りに応じて「貯金できる金額」を貯金するようにしました。

私はズボラな性格の為家計簿などはつけられません。

そもそもお給料の変動が激しいので、きちきちと管理をすることは難しいです。

手取りが少ない時には「貯金ができない月」もありますが、「貯金はできる時にすれば良い」と割り切る事にしました。

実際にしている貯金の方法

まず手取りの額から「食費・主人のこずかい・雑費」を差し引いてさらに「水道光熱費・通信費・保険料」の支払い額を確認します。

固定費はクレジットカード払いがおすすめ

この家計の固定費となる、

  • 水道光熱費
  • 通信費(スマホ代・ネット代etc.)
  • 保険料

などはクレジット払いとしている為明細が一括で分かりやすく、さらにクレジットカードのポイントも貯まるのでお勧めです。

その月に引き落とされる金額と、現金で出金する分を確認してまだ余裕があるようなら、積み立て定期に貯金したり、定期預金に貯金したりしています。

インターネットバンキングもおすすめ

その際には、インターネットバンキングを利用します。

家に居ながら資金移動が簡単に行えますし、いざとなったらネットや電話で解約もできます。

私の貯金方法は「出来る時に貯金する」事と「いざとなったら解約できる逃げ道を作る」という事です。

積み立て投資信託&確定拠出年金etc.資産運用はできない

少ない額からでも出来る「積み立て投資信託」や将来の蓄えに有利な「確定拠出年金」などは興味があります。

利回りも良いのでやりたいのですが・・・我が家のようにお給料が変動するような家庭だと毎月決まった金額の積み立てが厳しい・・・。

ので現状は今のままの貯金方法でやっていく予定です。

もう少し余裕のあるご家庭では給料天引きの「財形貯蓄」や自動的に積み立てていける「自動積立預金」などが自分で貯金をする手間が省け、計画的に貯金が出来るのでお勧めです。